GONDWANA開発ブログ

五大開発株式会社のGONDWANA開発に関する公式ブログです。

Release 0.703.0-1

Release Note 0.703.0-1

新機能

  1. 壁紙機能の強化
    • 壁紙を実行中に即座に切り替え可能になります。
      • 切り替えはタイルマップウィジェットまたはコマンドにより行えます。
    • タイルマップウィジェットに壁紙に関するユーザーインターフェースが搭載されます。
      • ファイルの一覧を扱うディレクトリーは設定ファイル view::gl::widget::tilemap.wallpaper.directory で変更可能です。
      • ファイルの一覧を更新する間隔は設定ファイル view::gl::widget::tilemap.wallpaper.wallpaper_directory_refresh_time_in_sec で変更可能です。
    • コマンド view_gl_tilemap.set_wallpaper url=xxxx magnifier=xxxx が追加されます。
      • url または magnifer は省略可能です。 magnifier は壁紙を画面内に横方向で何枚繰り返し表示としたいか、その倍率を実数値で設定できます。
    • 壁紙をローカルファイルのほか、 http などの任意のURLから読み込み可能になります。
    • 参考: 壁紙を実行中に変更できるようになります
  2. タイルマップのアピアランスソースに "G3.Experimental: std * relief" が追加されます。
  3. タイルマップのソースデスクリプターLua コードに以下の API が追加されます。
    • u8vec4_tile_type:save_cache( url )
    • u8vec4_tile_type:load_cache( url )
    • これらの関数は GONDWANA のキャッシュシステムへ Lua スクリプトアピアランスソースの合成中に容易にアクセスし易くなるよう追加されます。

変更

  1. 壁紙の設定が view_gl_tilemap.wallpaper.file から view_gl_tilemap.wallpaper.url に変更されます。
  2. タイルズームレベルのユーザーインターフェースをカメラウィジェットからタイルマップウィジェットへ変更されます。
  3. ズームレベルとズームレベル自動調整のON/OFF状態がカメラウィジェットのステートスペルからタイルマップウィジェットのステートスペルとして保存されるよう変更されます。
    • 後方互換性について: 0.703.0 以前に作成したカメラウィジェットのステートスペルを呼び出した場合にも、「ズームレベル」と「ズームレベル自動調整のON/OFF」の状態はタイルマップウィジェットへ変換・復元されます。これにより、以前に作成したステートスペルも最新版で以前と同様に読み出しが可能です。

不具合の修正

  1. asset/images/wallpaper に標準で同梱される壁紙の大きさが意図せず1:1ではなく若干比率にずれがあった問題が修正され、 1024 x 1024 の 1:1 の壁紙に置き換えられます。
  2. アスペクト比が1:1ではない壁紙を設定した場合に正しくアスペクト比が保持されずに歪んでしまう問題が修正され美しい壁紙を表示可能になります。
  3. タイルマップのソースデスクリプターの u8vec4_tile_type のメンバー関数 at が呼び出し方法によってはGONDWANAを強制終了する不具合が修正されます。
  4. ウィンドウ枠より内側でポインティングデバイスのドラッグ操作を開始し、カメラの操作等を行っている状態でカーソルがウィンドウ枠に到達した場合にドラッグ操作が中断されウィンドウ枠によるウィンドウ制御ユーザーインターフェースの動作へ意図せず切り替わる挙動が修正されます。
    • 修正後はマウスのドラッグ操作によりカメラ座標を移動している最中にマウスカーソルがウィンドウの枠、あるいはそれを超えて移動しても既に開始していたドラッグ操作によるカメラ座標の移動が中断されず、ウィンドウのサイズ変更や移動へと操作が移行されなくなります。

0.703.0-1 ディストリビューションレベルの変更

  1. 初回起動時のカメラの位置が "富士山の周辺" から "日本全体が見える位置" に変更されます。
  2. タイルマップのズームレベル自動設定時が有効な場合の挙動が上方修正されます。
    1. 最大ズームレベルが 15 から 17 に変更されます。
    2. 最低標高が 2000 m から 500 m に変更されます。
  3. 0.703.0 で追加された「G3.Experiments: std * relief」アピアランスソースの表示名が「標準地図 * 色別標高図 合成」に変更されます。
  4. ツールアイコンが単色に変更されます。
  5. スクリーンショット」ツールパレットにアイコンボタンが追加されます。
    1. スクリーンショット機能により撮影された画像が保存されるディレクトリーを開くアイコンボタン
    2. ユーザーインターフェースを含まないスクリーンショットを撮影するアイコンボタン
  6. Windows向けのインストーラーパッケージの挙動が従来から変更されます。
    1. デスクトップショートカットが追加されるようになります。
    2. 「GONDWANA ユーザーコミュニティー」のショートカットアイコンの絵が内容の分かりやすい絵に変更されます。
    3. アンインストール時に一部のショートカットが削除されない不具合が解消されます。
    4. インストール対象がユーザーから全ユーザーに変更されます。
    5. 上記インストール対象の変更に伴い0.702.1-1以前のインストーラーが「プログラムの追加と削除」に残る為、事前にアンインストーラーが実行されます。

スクリーンショット

ダウンロード

このバージョンの限定公開は終了しました。今後は一般公開版をご使用ください。

広告を非表示にする